今週もBNI J-ONEチャプターの定例会がスタートしました。

今週は10名以上のビジターゲストの方にお越しいただき、総勢50名以上のプロフェッショナルが集まっております。

日本で最初に立ち上がったこのJ-ONEチャプターはなんと14年目に突入です。

まずはオープンネットワーキングの時間、各専門分野の方と名刺交換を行います。毎週開催するメンバー同士は信頼関係があるのでビジター様も普通の交流会とは違いますねと感想をいただきました。

さて、定例会がスタートし今週のネットワーキング学習コーナーは、私セルフホワイトニングの保城が担当させていただきました。

本日の学習内容は 『渡り鳥のように振る舞う』

BNIはよくメンバーを渡り鳥に例えられるのですが、渡り鳥は1羽で飛ぶよりもV字編隊を組むことで後ろの鳥は先頭を飛ぶ鳥のお陰で空気抵抗が減り、なんと71%も飛距離を伸ばすことが出来るのです!

私たちBNIメンバーは信頼できる仲間の力を借りて、想像していなかった目標や夢を叶えることができます。

実は私もその一人で、当初3年計画をしていた目標をJ-ONEチャプター加入1年半で達成できました。そして現在もビジネスを拡大できており、信頼できる仲間の存在やGivers Gainの在り方を日々実感しています。

続いて、メンバーによるウィークリープレゼンテーションの時間に移ります。

メンバーは30秒でご自身のビジネスの内容や欲しい紹介(リファーラル)を伝えます。

毎週短時間で自身のビジネスを伝えることで、経営者に必要なプレゼンテーション能力を身につけます。

本日は吉田 晃寛さん(採用支援)による4分間のショートプレゼンもあり(BNIでは新入会されたのちの数ヶ月内に一度だけ4分間の時間枠を得て、より早く会の中の認知度を上げられるような仕組みがあります)具体的な業務内容や求めている紹介の形などを知ることができました。

そして本日のメインプレゼンテーションは『3分で遺言書が書けるなら書いてみたいと思いませんか?』でお馴染みの司法書士の武田一樹さん。

皆さん遺言書にはこんなイメージをお持ちではないでしょうか?

  • 難しい
  • 財産がある人が書けばいい
  • いつでも書ける
  • 暗い
  • 言い出しにくい

武田さんはこのイメージをちょっとでも良くしたいといった思いで遺言書をオススメしています。

3分で書ける遺言書のポイントは

  • 印鑑は何でもOK
  • 直筆OK
  • 封筒に入れる必要なし
  • 貸金庫に入れる必要なし

たったこれだけなんです。とっても簡単ですね♬

また、遺言書は今年、昭和55年以来の改正があり

  • 遺言書は手書きのまま
  • 不動産は登記簿コピー、預貯金は通帳残高コピーに名前と印鑑を捺印するだけ

とっても作りやすくなったので、もし皆さんの周りで遺言書で大切な人に財産を残したいという方がいらっしゃいましたら、司法書士の武田さんにお問い合わせください。

本日も定例会が無事終了し、皆さん元気にそれぞれの仕事に向かいました。

 

次週もたくさんのビジター様と共に定例会を開催予定です。

新規のお客様を受け入れられる余裕のある経営者様のご参加をお待ちしております。

文章:保城 真澄(セルフホワイトニング)
写真:本多 俊一(フォトグラファー/物・空間)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
BNI J-ONEチャプターではみなさまからのビジターご参加歓迎中です。
ウェブからのお申込み・お問い合わせお待ちしております!
<ビジネスミーティングに関して詳しくはこちらから>
 .