12/22(金)は、2017年最後の定例会でした。
一年を締めくくる日に相応しく、8名のビジターさんと9名の見学者の方が参加された活気に満ちた定例会でした。


今週のエデュケーションは「目標を振り返る」というテーマでした。
目標の達成度だけではなく「誰を幸せにできたか?」という視点で一年を振り返ることで得られる気付きを、新しい目標にも取り入れてみる、という内容でした。
ワクワクする素晴らしい提案だと思いました。

今週のネットワーキングリーダーの発表は、ファシリテーターを取得した6名(加納さん、池田さん、小山さん、大石さん、椎木さん、山中)の表彰でした。
ファシリテーターとは、BNIの規定のトレーニングを1年以内に全て受けた方が認定される制度です。
BNIには、沢山のトレーニングがあります。
定期的に受講することで学びを深めて、ビジネスを発展するきっかけになるわけです。
沢山のトレーニングを受けられるのはBNIの優れた仕組みの一つですね。

そして、もう一人表彰された人がいます。
なんと田中プレジが今までに6名の入会者をご紹介したということで貢献を讃えられました。
素晴らしいですね!!!

さて、今週のメインプレゼンターは、振込手数料削減サービスの藤井 亮さんです。
実は藤井さんは、半年程前まではスキンケア販売というカテゴリーで登録されていましたが、もっと皆さんのお役に立てるのでは?というお考えから振込手数料削減サービスにカテゴリー変更されてからの初めてのメインプレゼンです。
振込手数料削減サービスという聞き慣れない言葉に皆さん興味津々です。

まずは、ご自身のプロフィールということで、ご家族のご紹介や髭脱毛に関する話題で笑いも取りながら空気を暖めます。
さすが場慣れしていますね。
藤井さんの人となりが伝わった後は、振込手数料削減サービスのプレゼンです。

振込手数料削減サービスとは、JPリンクスという会社が提供しているバンクルというサービスということです。
創業5年にも関わらず急成長中という事からも需要の高さが伺えます。
特徴としては、初期費用と月額使用料が無料で導入し易い上に、金額や件数、振込先に関係なく一律260円(税抜)で振込が可能という驚愕のサービスとのことです。
平均的な振込手数料を648円で計算した場合、100件だと36,800円のコスト削減になり、1,000件だと36万8千円のコスト削減になるということです。
これは驚きです。
36万8千円の利益を出すには、一体どれくらいの売上必要になるでしょうか。
経営者にとってはとても魅力的なサービスですね。

なお、この安さの秘密は、グロスでのディスカウントということです。

そして、利用の流れとしては、
データ入力→バンクルが持っている信託口座に入金→バンクルから送金指示→振込完了
になるそうです。

万が一、システムトラブルにより金融機関へ送金できないというコトがあっても、賠償責任保険が適用されるとのことです。
そして、専用のコールセンターもあり、サポートも万全とのことです。

280円以上の振込手数料が掛かっている企業さまは、是非ご相談していては如何でしょうか?

サービスサイト:http://jplinks.com/about/

年明け最初の(1月5日)のメインプレゼンはゴミ・不要品処分の倉内 竜彰さんです。
いつも沢山のユーモアを交えたプレゼンをされる倉内さんですので、楽しいプレゼンになること間違いないです。

文章:山中洋史(Web制作) 写真:本多俊一(フォトグラファー)

BNI J-ONEチャプターではみなさまからのビジターご参加歓迎中です。
ウェブからのお申込み・お問い合わせお待ちしております!
<ビジネスミーティングに関して詳しくはこちらから>
 .
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE