1117日 まだ薄暗い中での定例会スタートとなりましたが、本日は9名ものゲストの方々にご参加いただきました!
少しでも定例会の熱気を感じていただければ幸いです。


◆ 定例会開始前のオープンネットワーキング

お越しいただいたゲストとの名刺交換&お互いのビジネス紹介の時間です。
異業種交流会というと、たくさんの人と名刺交換はしたけれど、全く記憶に残らなかったということが多々ありますが、この時間は名刺交換に留まらず、ゲストの方々のサービス内容を聞いたり、紹介して欲しい職種を聞いたりしたうえ、メンバーの人脈からご紹介できる方を直ちに紹介するというビジネスに直結する時間となっています。


◆ 本日のエデュケーションコーナー

定例会開始後、エデュケーション・コーディネーターの武田一樹さんから、ちょっと役立つビジネスのコツについての話がありました。このコーナーは4分ほどの限られた時間ですが、本日のテーマは、Giver(与える者)とは、どのような者かというテーマでした。

普段、自分のビジネスが気になって、まずは自分が利益を上げることばかりに目を奪われていませんか。武田さんは、後で登場する本日のメインプレゼンテーターの柴田明さんの普段の言動を例に、Giverこそがビジネスを発展させることを分かりやすくレクチャーしました。

◆ 10分メインプレゼンテーション

続いて、清掃業のシバタ環境の柴田明さんによる地球に優しい清掃用液剤の紹介を中心としたメインプレゼンテーションとなります。メインプレゼンテーションは、J-ONEチャプターのメンバー1名が10分間のプレゼンテーションを行います。普段のプレゼンテーションでは聞くことのできない、各メンバーのビジネスのより深い話を聞くことができます。

現在、清掃用液剤は塩素系のものが主流ですが、使用済みの液剤が環境を汚染するという問題だけでなく、液剤を使用する方の健康にも悪影響を与えるという重大な問題があります。

これに対し、柴田さんが推奨する重曹を用いた液剤は環境を汚染するリスクが一切ないばかりか、赤ちゃんが飲んでも大丈夫(料理にもよく使われますね)という特長を持っています。

また、単に環境によいというだけでなく、塩素系の清掃用液剤と比較しても全く引けを取らないことの説明が始まり、実際の清掃例の話となりましたが…。残念!?持ち時間の10分が経過してしまいました。定例会終了後は、メンバーやビジターから柴田さんへの質問が殺到していました。

 

メインプレゼンテーションをしたメンバーは賞品を持参し、厳正な抽選で選ばれたメンバーが受け取りますが、今週の当選者は、経費削減サービスの藤井亮さんでした。賞品や、やっぱり柴田さんが使っている清掃用液剤(スタイリッシュグリーン)など。羨ましい!

◆ 定例会一番の見せ場! リファーラル発表タイム
そして、お待ちかねのリファーラル発表タイム。メンバーがGiverとなって他のメンバーにビジネスを紹介します。本日も約80件のリファーラルが交わされました!!
また来週も、たくさんのビジネスが紹介されることでしょう!
あっという間の1時間30分でしたが、今回の定例会もとても濃密な時間で、ゲストの方々も笑顔で会場を後にされました。


文章:篠原一廣(弁護士) 写真:篠原一廣

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE