本日のメインプレゼンは、マイクの要らない男、合宿型社員研修の徳田水際さん。
家族は亀、金魚、カブトムシ、愛妻と4人の子どもたち。

学生時代、野球。熱い男。通天閣で、ボコられて、瀕死の状態。
何も口にできないハメに。食えないって、何なんや?

23歳の時、ドミニカ共和国へ。
地平線に上る朝日の美しさに、自分の力で生きていると思っていたがいかされているんやと、涙ボロボロと溢れ、止まらない。
現地の子どもたちの目がキラキラ。
おいおい、日本ちょっとまずいんじゃないか。
帰国し、フリースクール、「コミティッドアカデミー」を開設。
学校をやめたヤツ、ひきこもり、暴走族たちと、生きている意味、ヒッチハイクの旅も。

10年頑張って、2008年、結婚。社員教育のアイウィル( http://www.iwill-kensyu.com/ )に就職。
そこでみっちり鍛えなおされ、日本の歴史を学びなおさせられる。
世界で200年続いている会社は、5500社。その内、日本の会社は3100社。祖先に対する感謝。日本人としての誇り。

アイウィルの厳しい研修の映像が流れる。
弱点/欠点を徹底的に見つめなおし、自発的に動く。期待に応える。
合宿研修が終わったあとも、6か月のフォローアップ、レポート。
その中で学んだことを、定着させるのだ。
「達成感」「自信」「感謝」「やりがい」「良い習慣」がキーワード。

神棚のある会社を見つけたら、随分教育熱心なんですね?
と、お声かけてください。神棚のある会社は、まちがいなく教育熱心と
聞いたものですから、と。

とにかく徳田水際さんはさわやかに暑苦しい。
四人のお子さんに抱きつかれた写真に、誰もが好感を抱き、誰もが応援したくなる。そんな愛すべき男、徳田水際さんの果てしない欲望は子どもに邪魔されず、昼まで寝ていること!そんな徳田さんの寝息、寝顔を愛妻を含め、四人のお子さんがニヤニヤのぞき込んでいる姿が目に浮かぶようです。